第6話 (1)


漫画の参考のために
ポン太とキスする事になった
プルシアだったが


第6話 (2)

第6話 (3)


ポン太は当然の事
プルシアもキスするのが
初めてで


第6話 (4)

第6話 (5)


夢中になってしまい
一晩中キスし続け


第6話 (6)


朝になり原稿を描くポン太に対し
プルシアは起き上がれない程
腰砕けにされてしまっていた。